量産を見越した試作品製造(MIMでの量産支援) PRODUCT

BANTECの量産を見越した試作品の開発支援

BANTECでは量産化を見越した試作品の開発支援を行っております。量産の方法として、金属粉末を射出成形と同様の手法で成形することが可能なMIMという手法を推奨しています。形状が複雑でプレス成形での量産が難しかった部品も簡単に成形することが可能です。

MIM(金属粉末射出成形法)とは

金属粉末に樹脂バインダー(結合剤)を混合したものを素材とし、これを金型に射出して成形します。

※ 射出成形・・・主にプラスチック部品を作る代表的な方法
成形した時点の部品はプラスチックの性状に近く、これを完全な金属部品にするため、樹脂バインダーを取り去り、さらに焼結を行い金属部品を完成させます。

MIM 金属粉末射出成形法

MIM(金属粉末射出成形法)の特徴 ①

普通の樹脂射出成形と同じ形状自由度があり、金属微粉末の使用によって焼結後の相対密度が95%以上になり、従って物性も溶製材並みになるなど、他の製法には望めない特徴を発揮します。 他製法と比較してみると、現状では下図のとおりです。

MIM 金属粉末射出成形法の特徴

MIM(金属粉末射出成形法)の特徴 ②

① 形状の自由度が高い・・・・原則として微細化された金属粉であれば部品化が可能です。特に難加工性材料の部品化や高融点金属の製品化に威力を発揮します。

② 寸法精度が高い・・・・通常のプレス成形による粉末冶金法と同等の高精度ですが、工程の改善によりさらに高精度へと向かっています

③ 機械的強度が高い・・・・焼結性の良い微細な粉末を使用し、射出成形するため、充てん密度や成形時の圧力分布が均一であり、変形の少ない均一な高密度焼結が可能で、通常のプレス成形による粉末冶金法より高強度が得られます。

④ 多様な後処理が可能・・・・一般的な熱処理を始め、メッキなどによる表面処理も溶製材と同様に施すことができ、特性の改善が行えます。

⑤ 大量生産に適している・・・・生産のランニングタイムが比較的短く、生産性が高いため、複雑形状部品の短納期・大量生産に適している。

⑥ コストメリット・・・・ニアネットシェイプの三次元形状、接合による部品の複合化、量産性が高いといったMIMの特徴を組合せることにより、後加工が省略でき、部品点数の削減、組付け機器の小型化などにつなげることができ、トータルコストの面で優れています。

PAGE TOP